本文へスキップ

株式会社テクニコは建物調査・診断を得意とする会社です

新着情報・FAQ定期報告

  


維持保全調査と設計監理業務の実績をもとに価値のある定期報告を行ないます。

◆業務内容◆

建物の資産価値と安全性は日常の管理業務の積み重ねにより維持されています。
なかでも法で規定された定期報告はその基礎となります。








テクニコの定期報告の特長


 無駄のない調査で安心できる報告を行います。

        

 調査は複数人のチームで短期間で対応します。


 合理的な調査で委託コストを圧縮できます。



 

 御希望により定期報告で終わらず、改修工事提案も
 行います。

 


定期報告は放置できません

建築基準法第12条に基づく『定期報告制度』は一定の条件を満たす建築物等の所有者・管理者の義務となっています。

定期報告は建築物の完成後の安全性を確保するために行います。



特殊建築物及び事務所等で、用途と規模によって定められます。
対象となる建築物・建築設備や調査・検査時期は特定行政庁により実施年度や間隔が異なります。



該当する特定建築物の敷地、構造、設備等について国土交通省が規定する項目を
調査し報告書を作成します。




調査・検査を行うには一級・二級建築士、特定建築物調査員、建築設備検査員、防火設備検査員、いずれかの資格を有する必要があります。





バナースペース

株式会社テクニコ

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4-3-10
TMMビル6F

TEL 06-6226-1595