本文へスキップ

株式会社テクニコは建物調査・診断を得意とする会社です。

採用情報定期報告の活用


  

定期報告が「報告義務」だけになっていませんか。

「定期報告」を「法で決められているから『仕方なく実施』している」
という建物所有者や管理者の方が多いようです。
もちろん法を守るのは当然ですが定期報告を有効に活用してみませんか。

定期報告は建物の状態を把握する絶好の機会です。

「定期報告の活用」とは定期報告結果から劣化や不具合に対する修繕計画を
「長期修繕計画」として具体的に検討するものです。

劣化への迅速な対応は建物に発生する物理的トラブルを防止し改修工事費を
縮減します。

  



建物の劣化・不具合例    放置すると・・・

 屋根鋼板の錆
  

   
 鋼板の錆から数年で漏水発生
 につながります



 外壁鋼板の塗装劣化(白亜化)
    

   
 塗装改修では対応できなくなり
 外壁材の更新が必要となります
 工事費が数倍高くなります





 腰壁の目地シールの劣化・破断
  

   
 目地部から建物内部への漏水が
 発生します


 コンクリートの露筋
  

   
 腐食鉄筋が膨張して
 コンクリート片が落下します


 コンクリートの剥落
  

   
 剥落部から雨水が浸入し
 剥落事故につながります


 モルタルのひび割れ
  

   
 ひび割れが進行しモルタルが
 落下します


 コンクリートの亀裂
  

   
 鉄筋が発錆腐食しコンクリート
 の剥落につながります

 


当社は改修工事の豊富な経験に基づき劣化や不具合への
最適な改修方法を提案いたします。



バナースペース

株式会社テクニコ

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4-3-10
TMMビル6F

TEL 06-6226-1595